万引き家族(映画)フル無料動画はPandora?配信はAmazonプライムか公式配信動画と最新放送予定日

万引き家族(映画)フル無料動画はPandora?配信はAmazonプライムか公式配信動画と最新放送予定日
カンヌ国際映画祭でパルム・ドール賞を獲得し各国から絶賛された映画「万引き家族」。

こちらの記事では映画「万引き家族」動画をフルで最後まで無料視聴できる方法をご紹介します。

▼今すぐ視聴したい方はコチラ▼

配信サービス 配信状況 無料期間
U-NEXT
見放題配信中
31日間
「万引き家族」はU-NEXTで配信中です。

今なら31日間無料トライアルをやっているので、0円でフル動画を視聴することができます♪

作品タイトル 万引き家族
公開日 2018年6月8日
監督 是枝裕和
音楽 細野晴臣
出演 リリー・フランキー
安藤サクラ
松岡茉優
池松壮亮
城桧吏
佐々木みゆ
高良健吾
池脇千鶴
樹木希林
\最新の問題作が盛りだくさん/
万引き家族,映画,フル,無料
今すぐ無料トライアル
>>U-NEXT公式サイトを見てみる
※31日以内に解約すればお金はかかりません

映画「万引き家族」の動画は違法サイト(デイリーモーション・Pandora)で配信してる?

万引き家族の動画をPandoraやデイリーモーション、b9など、違法アップロードサイトで配信しているのか調査しました。

(注)違法サイトをクリックしたことでウイルスに感染した事例が報告されています。クリックは自己責任でお願いします。

違法アップロードサイト
youtube ×
Dailymotion ×
pandora ×
9tsu ×
anitube ×
b9 ×

違法アップロードサイトでは「万引き家族」のフル動画はありませんでした。

また動画投稿サイトの違法ダウンロードは犯罪です。

実際に警告を掲載しているサイトは多くあり、アップロードは10年以下の懲役または1000万円以下の罰金(またはその両方)、ダウンロードは2年以下の懲役または200万円以下の罰金(またはその両方)となっています。

引用:日本民間放送連盟STOP!違法アップロード弁護士法人 泉総合法律事務所

ウイルスに感染してしまった事例も報告されているので、リスクを負って視聴するのはやめて安全に公式サイトで視聴しましょう。

↓ 今すぐ視聴したい方はコチラ ↓

万引き家族,映画,フル,無料

無料で”万引き家族”を見る

映画「万引き家族」の動画をフルで無料視聴できる配信サービス

映画「万引き家族」動画をフルで無料で見ることができるオススメサービスはU-NEXTです!

U-NEXTは配信数・見放題数が多い国内No1サービスです。

映画やドラマ(国内・海外)を楽しみたい方に一番選ばれています。

「万引き家族」の動画を配信しているサービス一覧

配信サービス 配信状況 無料期間
動画,配信,フル,無料視聴
U-NEXT

見放題
31日間
動画,配信,フル,無料視聴
TSUTAYA TV

有料
30日間
動画,配信,フル,無料視聴
video market

330Pt
初月
動画,配信,フル,無料視聴
hulu
× 2週間
動画,配信,フル,無料視聴
Netflix
なし
動画,配信,フル,無料視聴
Amazonプライム
30日間
動画,配信,フル,無料視聴
FOD

プレミアム会員
2週間
動画,配信,フル,無料視聴
dTV
31日間
動画,配信,フル,無料視聴
AbemaTV
× なし

>>今すぐ「万引き家族」フル動画を無料視聴する

映画「万引き家族」動画をフルで配信しているサービスを調べましたが、現在多くの配信サービスで「万引き家族」が配信されていました!

しかし有料・ポイント制であったり、無料期間がなく無料視聴できない場合も多く、お得に見るならU-NEXTだということも判明しました。

U-NEXTは31日間無料トライアルがあり、さらに無料登録時にもらえる600ポイントで映画を見れるのでお金がかからず視聴可能です!

1番お得に映画を楽しむことができます。

\最新映画を見るならU-NEXT/
今すぐ無料トライアル
>>U-NEXT公式サイトを見てみる
※無料トライアル中に解約すればお金はかかりません

U-NEXTのサービス概要・メリット

内容
月額料金 2189円(税込)
無料期間 31日間
配信作品数 210000本
倍速再生 0.6倍、1.0倍、1.4倍、1.8倍
配信作品 ・洋画・邦画
・海外ドラマ
・韓流ドラマ・アジアドラマ
・国内ドラマ
・アニメ
・キッズ
・マンガ
・書籍
・ラノベ
・雑誌
・その他
同時視聴が可能な台数 最大4台
家族アカウントあり
有料の最新映画・ドラマもポイントを使えば無料で見れちゃいます♪
U-NEXTのメリット
  1. U-NEXTは無料期間中に解約すれば0円
  2. 契約・解約どちらも3分 で完了
  3. 解約後も購入した動画を見続けられる
  4. 無料キャンペーンでも600ポイントもらえて有料作品も見れる!
  5. 邦画作品も動画配信サービス国内一
  6. 1契約でアカウントを4つ作れる

U-NEXTの登録・解約方法

U-NEXTの無料登録方法と解約方法をご説明していきます!

U-NEXTの登録方法
  1. U-NEXTにアクセスして「31日間無料体験」をクリック
  2. お客様情報を入力
  3. クレジットカード番号を入力
U-NEXTの解約方法
  1. テキストマイメニューの「設定・サポート」を開く
  2. 「契約内容の確認・変更」から解約はこちらを選択
  3. 6個のアンケートにチェックし「解約する」をクリック

実際に私も登録&解約してみましたが、3分でできるほど簡単で引き留められることも別料金が発生することありませんでした。

映画「万引き家族」地上波・BSでの再放送予定2021年版

映画「万引き家族」動画の地上波放送があるのか、最新の情報を調査しました。

Yahoo!番組表
ザテレビジョン

現在「万引き家族」の放送予定はありませんでした。

映画は特に放送予定のサイクルが遅めなので、いつでも好きな時に見れるU-NEXTで見ることが1番お得ですね。

\3分で視聴開始できる!/
U-NEXT公式サイトはこちら▶※無料トライアル中に解約すればお金はかかりません

映画「万引き家族」の公式サイト・あらすじ・感想

万引き家族の公式サイトやあらすじと感想をご紹介していきます!

公式サイト 公式サイト
Wikipedia
公式Twitter
公式Youtube
あらすじ

治たち家族5人は祖母の年金を頼りに、足りないものは万引きで賄いながらも、笑いの絶えない日々を送っていた。
ある冬の夜、治と息子・祥太は近隣の団地の廊下で震えていた幼いゆりを見つけ、家に連れ帰る。
治たちは傷だらけのゆりを娘として育て始めるが…。

感想

なんと言っても、安藤サクラさんの演技がいい!
女性の可愛らしさ、女性のズルさ
女性の強さ
そんな捉えどころのない、女性の美しさを
安藤サクラさんは、見事に演じている。
安藤サクラさんの演技を観るだけで価値があると思います。

ふとももをちらつかせ、グループで踊る
人形のような女性、少女?
を、美しいと勘違いしてる風潮がある昨今。

人間味、匂いのする映画
観れて良かった。


か細く繋いだ平和の上に築かれた家族の生活を、誠実に描写した作品だった。フィクションだけど、現実にも十分あり得るシチュエーションで、社会保障のシステムが掬い取れない部分をあぶり出している。物語は、犯罪をせずにはいられなかった事情を綴りながらも、犯罪を重ねる”父親”へ抱く少年の不信感を最終打とし、家庭崩壊に決着する。

シーンごとの情報量が凄くて目が離せなかった。何気ないセリフや仕草、小物使いなどから、状況が読み取れるようになっている。何度もハッとさせられたし、「うわぁ」と声が出そうになった。愕然としている観客を尻目に、映画は淡々と進んでいく。

例えば、信代が職場の同僚と休憩時間を過ごしているシーン。世間話をする姿から、そこでの人付き合いの有り様が伺えるのだが、同時に「おたふく風邪」というワードが出て、自然と病気の危険に思い至るようにもなっている。
保険証が無く、医療費を賄うお金も無くて、どうするのだろう。ささやかな幸せに満ちた信代の家庭が、いかに脆いものであるか、どんどん知れてくる。

テーマの重要性もさることながら、受賞の理由は、この見せ方の巧みさではないだろうか。ふとした情景の連続で、これほどの奥行きを出すとは、お見事。
しかし、全てがさり気なく描かれているため、肝心な部分を見逃してしまうのかもしれない。そうとしか思えないレビューがいくつもあるし、自分も見返す度に新たな発見を重ねている。


この映画を一言でいうなら「家族とは?」である。
しかしもっと抽象的にいえば、
「定義の揺らぎ」である。
お父さんとは?お母さんとは?名前とは?家とは?そして家族とは?

母親(信代)は祥太と商店街を歩きながら、
お母さん、お父さんと呼ばれることについて話をする。
祥太には「ほんとたいしたことじゃないからね」と言った。
そう言いながらも、一番気にしていたのは信代かもしれない。
最後の最後で母はお母さんでありながら
お母さんではあれないとを悟ってしまった。
それは父親も同様である。
その一方で、祥太はバスの中で声なく何かをつぶやいた。
りんも最後のベランダのシーンで、唇を動かした。
果たしてお父さんとは?お母さんとは?

小さな女の子は、「ゆり」であり「じゅり」であり「りん」だった。
結局彼女の名前はなんだろう?
名前とは存在そのものであり、名前の否定はもはや死と同義である。
形而上学的な観点であり、この問いはすごく難しいけれど、
この作品のテーマのひとつであったことは間違いないと思う。
妹の亜紀にも源氏名があり、祥太にいたっては父親の本名と同名であった。
果たして名前とは?

そして終盤で家族が離散した後、妹の亜紀が家に戻ったとき、
窓を明け中をのぞくと、閑散としたかつての家がそこにあった。
しかしある意味ではかつての家はそこに「なかった」ともとれる。
私たちにとって、家とは場所や空間などではなく、家族そのもの
だと暗に言っているようだった。
唐突で短時間でセリフもなく、表情すら読み取れない
シーン。しかしそこにピアノのBGMが挿入された。
強烈なメタファーを感じた。
果たして家とは?

総じて大変素晴らしい邦画であった。
世界で評価されたことにも納得できた。

↑目次へ戻る